HOME

写真:トップページ・イメージ

OVER 50 YEARS in OSAKA

PHILOSOPHY

1968年の設立より半世紀以上、私たちは形のない思念や願いをビジュアル化するために、その時々に適合する多くのデザインを創り、多くの成果を上げてきました。

創業当時、我が国は高度な経済成長期にあって、1970年大阪万博に象徴される好景気に沸いていました。そんな時代背景のもと、私たちはグラフィックデザインからプロダクト、スペース、企画プランニングまで、二次元〜三次元〜四次元の幅広い創作を連動した、トータルな制作展開を行ってきました。そしてその後も、それぞれの時代変化を鋭敏に捉えた創作活動に力を注ぎ、現在は制作ワークの中心を、販売効果の高いパッケージデザインと販売支援を目的とするスペースデザインの二つに収斂させています。

そしてそれらデザイン営為の時点で、いつも根底に置いてきたことがあります。それは、時代のパラダイムが大きく変換していく状況を的確に見抜く感性と、それらを生かす発想、つまり、通念のワクを越え、時と場に最適なデザインの創造。いわば「必然の企画力をベースにしたデザイン」ということです。

…これがイングの理念であり、特色であるともいえます。

WORKS

COMPANY

イングアソシエイツは、代表の近久智彦が1968年に大阪で創立。大阪万博の年である1970年に開催地であった吹田市に事務所を移転し、現在に至ります。そして2018年には創立50周年を迎えました。